凸凹さん

子連れ帰省での持ち物リスト!事前準備に酔い止め・レジャーシート!

こんにちは!ともこです!

帰省の時期になると気になってくるのが「移動中のトラブル」。
どうしても子供があちこち行ってしまったり、奇声を挙げてしまったり、ごろごろしてしまったり・・・凸凹ママじゃなくても悩みは尽きないですよね?
また、公共の場ということもあり、「あそこの家族はマナーがなっていない」なんて目で見られたり、最悪怒鳴られたりということもあったり・・・。
そんなことにならないように「せめて自分の席で静かに過ごしてくれ・・・」願うばかり・・・。

我が家では帰省に新幹線を使い4〜5時間かかるため、黙ってられないお子たちで手いっぱい、そんな中夫は寝る気満々(殺気を覚えます)。「しつけがなっていない」なんて目でみられることもありましたし、「疲れたー!」「あっちいきたいー!」と大騒ぎするお子たちにてんやわんやです。

そんな経験から

  • 子供が落ち着くスペースづくり
  • 暇つぶし6選
  • 長時間移動の極意

これらを私が5年長時間移動での帰省をしてきた経験から「苦痛な子連れ長旅を快適な旅にする方法」「子供が快適に過ごせる便利グッズ」を詳しくお伝えしていきたいと思います!

【スポンサーリンク】

子供と新幹線に乗る時の持ち物リスト

まずは我が家で持っていくことの多い持ち物をご紹介していきます。

帰省時持ち物リスト
  • レジャーシート
  • 飲み物(子供用)
  • ビニール袋(多めに)
  • おやつ
  • 暇つぶし
  • タオル
  • ペット用シーツ
  • 大きめのリュック
  • 財布
  • スマホ
  • iPad
  • 充電器
  • ポケットWi-Fi
  • ノートパソコン※

※PCで仕事をしているため、持ち歩いています。
ノマドワークブログでの副業に興味のある方はメルマガでご紹介していますので興味のある方は記事下フォームからどうぞ!

我が家は夫・息子・娘・チワワ・私で移動をします。陸の乗り物を制覇できそうな移動手段は次の通り!

家出発(酔い止めを飲ませる)

バス(30分)

電車(15分)

新幹線(3時間弱)

電車(1時間弱)

ばぁばの車(15分)

実家

一番の難関は3時間近く乗ることになる新幹線。映画とかが見れればいいのですが、音が出せない、乗り物酔いをするため我が家では最終手段です。寝てくれれば一番安心して移動できるのですが、新幹線に興奮してなかなか寝ることはできませんwwなので、家を出る前に酔い止めを飲ませています!これをすることで酔い止めの効果で眠くなりタイミングが合えば新幹線に乗った時に寝てくれます(タイミングが合わないと移動の時に寝てしまう・・・)タイミングを見ながら飲ませてあげてくださいね。

子供が落ち着くスペースづくり

新幹線での移動中に困るのが「子供が飽きた時&乗り物酔いをした時」

飽きさせない工夫や寝転がっても大丈夫な環境を予め作っておくととても安心かと思います。そのために欠かせないのが「レジャーシート」足元に広げておけばそこで寝転がってもお菓子をこぼしてもおもちゃを広げても、何をしたって畳めばOKです!狭いですが子供も遊ぶことができますし、大人もストレスフリーで過ごすことができます。

遊びに夢中になって声が大きくなってしまったり、レジャーシートからはみ出してしまわないように事前に約束事を決めておくといいです。我が家では私のPCに「お約束フォルダ」を作り、そこでお約束を確認しています。子供だけが守るお約束ではなく「ママは大きな声で怒らない」などの大人の約束も含まれています。事前に子供と確認することで「約束はなんだっけ?」と認識させることができます。(よく私も子供達に怒られています・・・w)我が子と場合は文字で読むのが好きなため、文字での約束事にしていますが、絵が好きな子の場合はイラストで約束を確認するといいかもしれませんね。(いらすとやが子供向けでオススメ)

凸凹ちゃんの場合環境の変化が嫌いで移動自体を嫌がることがあるそうです。我が子は凸凹ちゃんですが、環境の変化には対応できているなため、意外と新しい場所でも平気な子です。むしろ「探検がしたい!」「あっちにいきたい!」という気持ちが先行してしまい、気がついたら遠くに行っていたということも少なくありません。
変化を嫌う凸凹ちゃんならいつもの日用品(タオル・おもちゃ)があるととても安心して過ごすことができ、事前に「〇〇にいくために新幹線に乗ります」などのように予定をしっかりと伝えておくことが大切です。逆に我が子のように「変化が大好き!興味津々!」というような子はそれを上回る新しいものを準備する必要があります。「興味のあるものが手に入らない」など思ったことができない状況になると癇癪を起こしてしまうため、ここでも事前に予定を伝え、「ここではこれとこれ(暇つぶし)をします」と伝えるようにしています。

しかし、車酔いをしやすい息子の場合・・・スマホのゲームやYoutubeなどの動画はNG!(一度iPadにリバースされたことが・・・)なので、スマホなどでの暇つぶしは最終手段として使っています。

長時間移動の極意

長距離移動の極意はこちら。

  • 子供が斜め上のトラブルを起こしても動じない。
    命に関わることがなければ「そんなこともある」とどっしり構えておく
  • 日頃から子供のこだわり・興味を知っておく。
    子供をしっかり観察することが大事。
  • 大人も子供もみんなが予定を共有。
    子供も大人と同じで自分の予定を考えて生活しています。

暇つぶしに便利

ここからは暇つぶしに便利だったもの、これはよかったというものをご紹介していきます!個人的な意見になりますので、「これよかったよ!」などの情報がありましたらよかったらコメントで教えてくださいね。

水で落とせるクレヨン

自由帳と一緒に渡すのですが、結構自由帳の外にも書いてしまうのが子供というもの。芸術をシートに書いてしまってママ爆発ということもありました。このクレヨンは水で落ちますのでシートに描いてしまっても最悪ペットボトルの水があれば落とすことができます。持ち物リストのペット用シーツとの合わせ技でしっかりと「芸術」を落とすことができます。

塗り絵

クレヨンとくれば塗り絵ですね。100円ショップでも楽しめます。プリンセスなどの細かいのよりも動物や ざっくりした絵の方が楽しめそうです。

また、就学前ならテキストとかもいいかもしれません。ちびむすドリルなど、ダウンロードでできるテキストもありますので、事前に準備してみてはいかがでしょうか?

シールブック

おしゃれに興味を持ち始めた娘に有効とおもい準備をしたら思いのほか息子が興味を持つという!!きらきらしたのがよかったんですかね?あまりお高いのを買ってもシールを一瞬でダメにしてしまうので百円ショップのシールブックでも十分楽しめると思います。

折り紙

子供達のリクエストで買ってきたところ、折り紙で作った後にごっこ遊びができるという優れものでした!可愛い柄や好きな柄を一緒に買いに行って作っても楽しいですよね。また、一緒にママの内職をしてもいいかも・・・^^

メルカリで手作り小物が売れるのをご存知ですか?
メルマガで紹介していますので、ご興味があれば記事下の登録フォームからどうぞ!

ウォーターゲーム(乗り物酔いしやすい子は注意)

こちらも百円ショップで売られているものです。ゲームが大好きな息子がかなり集中してやっていました!ですが、じっと同じところを見ているため乗り物酔いをしやすい子は要注意です。様子を見ながら遊ばせましょう!

ボールペンと指

準備するのはボールペンのみ!何をするかというと、指に顔を書きます(これだけ)。即席の指人形の完成です(笑)子供達は意外とはまります。ママかパパの画力が問われる場合もありますが、点、円、線が書ければ割と乗り切れますのでお試しあれ。

最後に

「子連れ帰省での持ち物リスト!事前準備に酔い止め・レジャーシート!」としてご紹介してきました!子連れの帰省大変ですが事前準備がものをいいます!参考になれば!!

パパと一緒に乗り切れたらいいのですが、我が家は・・・(殺気)

・・・頑張りましょう!!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

Mailmagazine
”step-by-step” 登録特典
WEBビジネス
START Book

初めてのWEBビジネスを
シンプルに解説

7Days
MailLesson

WEBビジネスを始める
1st step

1分に追われる毎日から
24時間を自由に
ともこ
ゆとりライフクリエイター

【スポンサードリンク】



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × 2 =