ひとりごと

子供の発達とビジネスのはなし

こんにちは、ともこです。

先日、療育の先生と定期面談に行ってきたのですが、その際に興味深いお話を聞きました。

「子供の発達は固有感覚が出来上がってから徐々にできることが増えていく」というもの。固有感覚は5つあり、「聴覚」「触覚」「視覚」「前庭覚」「固有受容覚」が基礎要素になっているそうで発達は積木のように積み上げるように徐々に増やしていくことができるんだそうです。そして息子はその基礎要素をすっ飛ばしてできてしまったことがあり、その発達のできるできないの差が大きいため、凸凹(発達障害)なんだというお話でした。この凸凹で不都合ということはないのですが(本人の過ごし辛さは計り知れませんが)、基礎の感覚ができていればもっと器用にできるのに、というお話しでした。

これはビジネスにも起こり得ることじゃないかな、とふと思ったんです。例えば、「美容師」なんかは「技術」「薬剤知識」「衛生」「法律」「生物学」をしっかりと踏まえた上でないと資格を取ることができません。(ぶっちゃけ覚えていないことも多いんですがw)そこに「サービス」の知識が加わって初めて「美容師」として活動ができます。

ブログアフィリエイトも同じで、ざっくりとですが「WEBの立ち上げ(基礎知識)」「アドセンスの知識」「ネタ探し」「キーワードの選定」「記事ライティング」ができれば立派な「ブロガー」です。そしてどれか一つでも欠けているとうまくできたとしてもなんだか苦労してしまうんですよね。私自身「キーワード選定」がうまくいかず(一番大事w)、伸び悩んだ時期がありました。ビジネスの場合、発達とは違って「個人の感覚・能力」ではなく「正しいやり方」をしっかりと覚えていけばできるものなので、その基礎部分をしっかりとマスターしていくことが大切だよなーと思ったんです。

誰に教わるか、どうやって身につけるかは人それぞれですが「何においても基礎って大事」っていうだけのひとりごと。

Mailmagazine
”step-by-step” 登録特典
WEBビジネス
START Book

初めてのWEBビジネスを
シンプルに解説

7Days
MailLesson

WEBビジネスを始める
1st step

1分に追われる毎日から
24時間を自由に
ともこ
ゆとりライフクリエイター

【スポンサードリンク】



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × three =